当サイトではキリ番プレゼントを行っています。プレゼントは「お子様の写真を使った世界で一枚の壁紙」になります。

次のキリ番は「20000」になります。キリ番を踏んだ方はお気軽にコメント残してくださいませ!

2008年04月11日

一区切りということでm(__)m

いつもここに足を運んでくださった皆様

しばらく放置してたんですけども、このたび
きっぱりと(笑)ミニバスと中学バスケを区切るために
ここを閉じて新しい場所を作ろうと思いました。

もう少しすると、ここは見られなくなります。
そのかわりに、中学での生活や部活の様子を記録する
新しい場所がオープンします。

それまでもうちょっとお待ちくださいm(__)m
posted by kazoo at 12:32| Comment(0) | 日々雑文

2008年02月01日

雑感

こんにちは。
前回の爆弾からだいぶ間が開きました。
あの爆弾は、実は私が昨年12月に書いたものでした。
それまでもかなりふつふつと色んなものを溜め込んでいて、
でもって、それも「臨界点突破」って感じで、こっそり自分のパソコンの中に吐き出してたものですから
私からすればもうだいぶ前のことなんですよ(苦笑

で、本日は雑感。

続きを読む
posted by kazoo at 11:53| Comment(0) | 日々雑文

2008年01月16日

思い切り毒

まぁ、多分最後になるであろう(ていうか最後にしたい)毒。


6年生になってからミニバスを始めたわけじゃなく
4年生ごろには団に所属していて、いつか自分もきちんとプレイタイムをもらえると信じて6年生になったわけで。
親だって、当たり前ですが、自分の子供ががんばってるのを応援したいし、見たいですよね。

毎回バスを出す、と割り切っているチームならともかく
基本は保護者の送り迎えで成り立っているチームで
そういう状況でも、6年生になったんだから、少しはプレイタイムももらえるだろう、
と親は朝早くからお弁当を準備し、どんなに遠い場所でもキチンと送迎するわけで。

それを大差で負ける試合でも1Qだけ、しかもそれだって
6年生だからださないと、って感じで出すのってどうですか?
下級生で全然上手くゲームがなりたたなくても
雰囲気を変える役目すら1分たりとも与えられませんか?



6年生になってから、メンバーが二人も辞めるチームって
なんなんですか?


できないから、走れないから、運動能力が無いから、
そんな簡単な言葉で片付けていいんですか?
あの子達はバスケをしらなすぎる、なんて言葉で簡単に切り捨てるのはどうしてですか?
当たり前じゃないですか。たかだかバスケをやって3〜4年。
しかも、まともな指導を受けてないんだから、知らないのは仕方ない。
それを子供にわかるように教えてあげるのが指導者の役目ではないのですか?

ミニバスでできるようになることなんて、たかが知れてます。
でも、その一つ二つの技術を子供達は中学に大事に持っていくのですよ。
指導者に教えてもらった事を宝物のように、自分のバスケの種として持っていって
その先でさらに大切に育てて、きちんとした大きな木にするわけですよ。
そういう風に、何故考えてあげないのですか?

運動能力がある下級生は、確かによく走ります。
では彼女達が、それ以外に何ができますか?何かひとつでも教えてあげましたか?
まるで使い捨てのように「走っていればいい」というかのような
そんな態度で、この前の練習試合に勝てましたか?
それとも相手のチームはさらに足が速かったのですか?


オフェンスができる子がすきなのは、前から知っていました。
でもチームはそれだけで成り立たないのは事実です。
ディフェンスでがんばっている子は無視ですか?
それはがんばりとして認めてあげられませんか?
子供も親も、自分達が試合で10点とる!なんてことは希望してません。
最初はバスケの知識がまったくない親でも
子供が必死にやっている姿を見て
どれだけディフェンスが大事なのか
自分の子供が縁の下で必死にチームを支えているんだ、と
理解したのに、その頑張りにすら声をかけてあげられませんか。

良かったらよかったとほめてあげて
たとえあと1分でもいいから多く出してあげることで
多くのことを学び、次にもっとがんばろうと思えるのです。
自分の行動が正しかったんだ、がんばってよかった、と
自信をもって、さらに上達できるし、貪欲になると思うのですよ。

それをまったくやらずに、良かったのか悪かったのかすらわからず
どれだけがんばった、良かった、と親達が褒めても
本人には実感がわかず、プレイタイムもそれほどもらえず
……そうやって、バスケは嫌いではないのに
「チームでの自分の居場所」をなくして、やめてしまう子供がいるのを
悲しいことだとは思わないのでしょうか。


ただ単に6年生だからプレイタイムをあげてほしい、といってるんじゃなくて、できてる・頑張ってることを、褒めて認めてあげて欲しいのですよ。
そして、そういう頑張りがチームに必要なんだ、ということを
チーム全員の前でわかるように、負ける試合でも雰囲気を変える為にそこで1分なり2分なり使ってあげることによって
下級生も6年生を尊敬できるだろうし、慕うことができると思うのです。


あなたはミニバスのとき、スーパースターでしたか?
チームのトッププレイヤーで、常にプレイしてましたか?
プレイタイムがもらえない、褒めてもらえない気持ちは理解できませんか?
ミニバスって一体なんでしょう?




卒団していく子供達が、ビデオカメラの前で
笑って自分のミニバスの思い出をいえるでしょうか?
何試合かのスコアを見て、その中から自分の一番印象に残った試合を
選ぶことができるでしょうか?
卒団式に向けて、写真を撮影しながら
主役になるべき子供達の、あまりの試合の写真の少なさに
本当にさびしさを感じます。
posted by kazoo at 12:07| Comment(3) | ミニバス

2007年12月19日

つらつらと……

お久しぶりです。ここの存在を忘れてる方も多いんじゃないかとwwwww


ミニバスももうすぐ終わりですねぇ。
なんていうか、書きたいことはすっごくたくさんあったんですよ。
でも、全部書いてたら、大変なことになったと思うし、メルマガに時々毒を吐く程度にしてましたが、最終的にはそれもやめました。

色々考えたんですよね。
例えば私が吐き出すことによって、何かが変わって
この先まだ何年かミニバスをやるみんなへの指導方法が変わっていって、いいほうに転ぶのなら意味がある、と。
でも、そうじゃない可能性のほうが大きいですよね。
で、あれば毒すら吐き出すのはやめよう、と。
飲み込んで持ち出せば、終わってしまうことなんだから。

私がバスケの指導ができるとか、経験があるならまた違うんでしょう。でもそうじゃない。
ずっと見てたバスケだってNBAだし。

私があちこちのチームのすばらしい指導者の皆さんとお会いしてお話したり、何かにつけて指導していただいたりした印象や、考え方や指導法が、自分のチームとは違ったりしても、それを私はきちんと伝える術を持たないわけですよね。

プラスに働かないのであれば、マイナスの要素をチームに残していっても仕方ないだろう、という結論になったのです。


きっと、ミニバスは子供達、特に卒団の年になったからといって6年生のためには運営されていないのです。
指導者が自分のやりたいように子供達を動かすためにあるのです。
普段練習で教えていないことを、試合で実践で試させるためにあるのです。


ということで、ミニバスについてはあまり触れないことにしました。
これから中学に行ってどうなるかわかりませんけど、そちらのほうを書きたいと思います。
あ、別にこれが3月までの最後の更新というわけじゃないですよ(笑)私の中の気持ちの切り替わりの説明でしたm(__)m
posted by kazoo at 12:07| Comment(1) | TrackBack(9) | 日々雑文

2007年08月06日

中学の全道を見て

お久しぶりです。ほんと一月に一度ぐらいしか更新しないんでは?って感じなんですが。

愚痴とかばっかりで(笑)毎日更新するのと
出来る限り前向きな意見でたまに更新するのと
どっちがいいのかな〜〜〜〜〜、なんて思う私です(笑)


さてさて、8月3〜5日と北見遠征に出かけた5番。
滝川とか北光とか北見とかと試合したらしく
5戦やって3勝。
負けた試合について感想を聞くと一番に
「やっぱりね、ディフェンスが上手いんだわ」

そう、ディフェンスちゃんとやってるチームは強いです。
2点取っても4点取られたら負けるんだよね。
たとえフリースローの1点しか取れなくても相手を0点に抑えられれば勝てるんだよね。
私はそういうきちんとしたディフェンスをするチームが好きです。
「もう一度試合をしたら勝てると思う?」と聞くと
「うーーん……練習すれば……でも相手ももっと上手くなるよね」てことで、結局きっと勝てる気がしないんでしょうね。続きを読む
posted by kazoo at 15:53| Comment(8) | TrackBack(0) | ミニバス